スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

爪のまわりの傷へのキズバンソウコウの貼り方

前回の記事でキズバンソウコウを指のあかぎれなどに長期間貼るのは、あまりお勧めできないと書きました。指のひび割れと傷絆創膏(きずばんそうこう)

今回は爪のまわりの傷に対するキズバンの貼り方です。

縦に貼ってください。

指の傷にキズバンソウコウを貼るときは、普通指のまわりにぐるっと巻きます。

短期間のときはいいのですが、長期間これをやりますと、爪が幌のように巻いてきます。
巻いた爪が皮膚にくい込んで傷を作ることもあります(陥入爪:かんにゅうそう)。この傷が痛いのでバンソウコウを巻きつけていると症状はさらに悪化します。

それほど多くはありませんが、ときどき上記のような患者さんが来院します。
陥入爪(かんにゅうそう)の予防法とテーピング、バンソウコウ(できればフィルム剤)の貼り方をよく説明すると、これだけで治ります。

爪のまわりへバンソウコウを貼るときは、ぐるっと全周を貼るよりは、指と平行に(縦方向)に貼ることをお勧めします。難点は、バンソウコウだとはがれやすいということでしょう。ポリウレタンフィルム(防水フィルム)をお勧めします。
関連記事

2008年03月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。