スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ヤマイモ、トロロ芋、自然薯と皮膚のかゆみ

ヤマイモ、トロロ芋、自然薯と皮膚のかゆみ

ヤマイモをすりおろしてダシ醤油を混ぜてご飯にかける。つゆに入れて、そばを食す。おいしいですよね。でも、私は子供のころ、ヤマイモを食べられませんでした。口のまわりがかゆくなるからです。これって、かぶれているのでしょうか?アレルギーでしょうか?・・・でも大人になって(ずいぶんたちましたが)、ヤマイモは私の好物です。アレルギーが治ったのでしょうか?

ヤマイモ類は、顕微鏡で拡大してみると、長細い針状のガラスのような結晶からなっています。口の周りについてかゆくなるのは、この針ガラスが皮膚に刺さるからです。アレルギーではありません。子供のころは食べ方が下手だったのでしょう。アレルギーではありませんので、誰でも、皮膚にすりこんだりすればかゆくなるはずです。

ヤマイモの野生型、自然薯は人気がありますね。探す、秋まで待つ、上手に掘り出す、という時間的な楽しみがあります。。一度、キャンプ場で1-2枚の黄色に紅葉した葉を残した自然薯のツルを見つけたことがあります。必死に掘りましたが、直径3cmの芋しか取れませんでした。取らなきゃよかったとチョット反省。でもちゃんと食べました。
関連記事

2007年10月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。