スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

シカゴに来ました

米国臨床腫瘍学会(ASCO)に出席するためシカゴに来ました。ASCO(アスコ)は癌の診療に関する世界最大の学会です。毎年シカゴで開催され(シカゴが米国の中央部に近く集まりやすいからとのことです)、4万人ほどが集まります。毎年、治療方針が変わるような大型(多数の患者さんで検証した)の臨床試験の結果が発表されます。インパクトの強い順に発表形式が変わりますが、特に重要な研究は本会議場で発表されます。プレナリーと言います。毎年数題程度が選ばれますが、2011年は5題のうちの2題がメラノーマの新薬に関する発表でした。肺がん
や消化器がんや婦人科がんや血液のがんなどが圧倒的に多い中で、メラノーマがベスト5に入ることはとてもめずらしいことです。その後この2題で発表された薬はすぐに米国で認可され、治療選択のトップに踊り出ました。日本でも臨床治験が行われています。今年はどんな発表があるのでしょうか。たぶん日本でもいくつかニュースになるかもしれません。楽しみです。

chicago3
シカゴ美術館前  暑いです 突然のものすごい夕立にたくさんの方が美術館に逃げ込みました
chicago1
ホテルはループという最も古い地域にあります ガス灯が健在です
chicago2
味のあるビルが林立しています


関連記事

2013年05月31日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。