スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

1-3cm大の丸くて、カサカサ、ジクジクしたかゆい皮疹が増えてきた

膝から下(すね、下腿)に1-3cm大の丸くてかゆいものが増えてきた。
表面がカサカサ、ジクジクし、カサブタが付いている。
水も染み出てくる。キズバンソウコウが黄色くなる。ぐちゃぐちゃしてきた。
1-2mmの小さいプツプツが手首や足首にも出てきた。

貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)+自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)かもしれません。これから増えてくる冬の皮膚病でしょうか。

関連記事
冬の皮膚病 乾燥
皮膚がかさかさしてかゆい

生ハム2011DEC17
生ハム(24日目、重量80%)ちょっと味見 ジンでみがいてこれから屋外乾燥へ

貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)は文字のとおり、コインのようにまん丸い湿疹がたくさんできる皮膚炎です。最初はすねに1-2個できることが多いと思いますが、背中にでき始める方もいます。数が増えない方もいますが、ジクジクして、黄色い汁がでるようになり、どんどん増えていく(まるでうつっていくように)場合があります。薬をぬってもなかなか治らず、受診されます。

ひどい場合は、コイン大の湿疹に混じって、1-2mmの小さいブツブツ(よく見ると水を持っていたりします。水疱といいます)が手首や足首に出始め、これも全身に広がってしまう場合があります。すごくかゆいです。

自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)といいます。コイン大の皮疹に続いて核爆発が起きたような感じです。

こうなると普通の塗り薬だけでは治りません。ブドウ球菌などのバイキンも着いていることがあります。私は普段、副腎皮質ホルモン剤(いわゆるステロイド剤)の内服(飲み薬)はあまり処方しませんが、自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)には短期間使います。軽い治療でもたもたしていてもよくならないのです。抗生物質も短期間飲んでもらいます。ステロイド外用剤も強いものを集中的に使ってもらいます。1週間以内にいっきに治します。

ポイントは、1個残らずきれいにするということです。少しでも残しておくと元にもどってしまうようです。(以上、すべて私個人の感想です)

今日は晴天。しかし切れるような寒さです。応援するチームが天皇杯予選で横浜マリノスにコテンパンにやられました。ちょっと格が違いましたね。でも、ここまでよくやったと思います。
関連記事

2011年12月17日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。