スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

痛み止めは何がいい

幕張にいます。ちょっと曇りがちですが穏やかな天気です。海には船がぽつんぽつんと見えてます。

さて、皮膚科を受診される患者さんの訴えの多くは「かゆみ」です。整形外科などと違って痛みを訴える方は比較的稀です。皮膚科で鎮痛剤を処方することが多いのは圧倒的に帯状疱疹の痛みでしょうか。

鎮痛剤(非ステロイド系抗炎症剤、NSAIDs)にはたくさんの種類があります。シェアはロキソニンが多いのではないでしょうか。でも以前からアセトアミノフェン(商品名:カロナール)が胃潰瘍の副作用が少なく、価格も安いことから欧米では中心的な薬剤として使用されていました。日本では保険で認められた使用量が非常に少なく、少ないため痛みに効かないという理由であまり使用されなかった経緯があります。

今年初めに4000mgという欧米と同じ量まで使用できるようになりました。私も以前から、飲み始めの量(健康な成人で)を1回600mg(300mgの錠剤2個)1日3-4回あたりで始めるようにしてました。痛みによく効くようです。1日300mg錠は1錠9.7円です。2個で約20円、1日4回飲んでも80円(実際の負担はさらに保険で1-3割になります)。

DSCN4655_convert_20111113203428.jpg
オニグルミ  殻は厚く硬く、中身は少しですが、とてもよい風味のクルミです。外皮が朽ちるのを待ってます。

関連記事

2011年11月13日 トラックバック(0) コメント(3)

ありがとうございます。確かにロキソニンは切れ味がよく、自分自身もよく飲みました。モーラスも薄いタイプは使いやすいですね。光過敏は貼ってから1年以上経っても起きることがあり、手首など、露光部には使用にくいかもしれません。

2011年11月23日 ビーアンビシャスボーイズ  URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年11月22日 編集

昔から頭痛と肩こりがひどく、ほとんどの鎮痛剤を試しましたが、だんだんとどれも効かなくなってしまいました。ロキソニンはやはりその中では良く効いた方でした。経皮鎮痛剤としてテープタイプの貼り薬も出ていますが、それほど効くような感じはしません。経皮鎮痛剤としてはモーラステープが一番効くような気がしますが、成分のケトプロフェンに光過敏性の副作用があるとかで、医者によっては出してくれなくなりました。

2011年11月20日 横浜のムズムズ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。