スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

あせもでしょうか?2


副腎皮質ホルモン剤などの免疫を抑える薬を飲んでいる人
高齢の方
糖尿病や免疫が下がっている病気を持っていて、感染症に気をつけるように言われている人

こんな方の胸や背中に1mmほどの小さい赤いぶつぶつがたくさんできている
特にワキやおっぱいの下、お腹のシワの中などにたくさんできている
少しかゆい感じもするが、ほとんど症状はなし ちょっとカサカサしている感じやよくみると小さい黄色い膿みたいなものもある(ない場合もある)

カンジダかもしれません。

関連記事
汗は肌に害なのでしょうか?
局所多汗症のガイドラインが出た
あせも、アセモ、汗も、汗疹
そのほか汗に関係する記事
grenn ka-ten
いまいち役目を果たしていないグリーンカーテン(朝顔)

カンジダはカビの一種です。

弱いカビで、よほど条件がよくないと増えられません。

オムツの中:真っ赤になってその周囲に1-2mmの小さいブツブツ(薄い膜や小さい膿をともなっているのが特徴です)

指の又の付け根:赤くなってジクジクして、やはり薄い膜があります。ほとんどは中高年の女性で、水仕事をよくする方、指が少しムチッとしていて指の付け根がくっつきやすい方、3番目と4番目の指の間によくできます。

指の爪の周囲の赤みと腫れと痛み:カンジダがついている場合とバイキン(細菌)がついている場合があります。絆創膏などをするとさらに蒸れて、カンジダやバイキンが増えやすくなります。ネイルサロンなどで甘皮を取ってしまうと、爪と皮膚の間にあるすき間が口を開けた状態になり、菌が入りやすくなります。

手の平、ワキの下や陰部:特に脳梗塞などをやって半身が不自由な方はワキや手指がうまく開かずに、いつもくっついているのでカンジダなどがつきやすくなります。

口の中:2-3mmの米のかす、やヨーグルトのかす、カッテージチーズの細かいかす、のようなものがほっぺたの粘膜にたくさん増えている場合。特に治療中の病気がない、中高年の男性にこの症状があったら、HIV感染を疑わないといけません。

尊敬するS先生は、水虫は水虫の菌(白癬菌)に原因がある。カンジダ症はこちら側(ヒトの方)に原因があると言います。確かに水虫は皮膚にくっつけて何日かほっとけば、みんな水虫になりますが、カンジダは環境が整わないと増えません。
関連記事

2011年08月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。