スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ディフェリンゲルについて(2)

コメントをいただきましたので、その返事を。

以下質問。

1)1週間前からディフェリンゲルを使い始めた。
化膿ニキビにも塗っていたが、化膿ニキビには一向に良くなっている気配が感じられない。化膿ニキビには効かないのでしょうか?

2)始めはゲルを顔全体に塗っていたが、だんだんヒリヒリしてきて、特に皮膚の薄い部分が痛くなってきた。 顔全体ではなく、ニキビが出来そうな部分と、ニキビがある部分に塗るようにしましたが、乾燥がひどく、皮がむけてきた。
このまま使い続けても問題ないのでしょうか??

3)ディフェリンゲルはどのくらいの期間使い続ければ効果が出てくるものなのでしょうか?

関連記事
デイフェリンゲルがやっと出る
ディフェリンゲルの使い方のまとめ
ニキビは何歳まで出るのか
しみる薬は入浴後や洗顔後にはつけない

続きを読む

スポンサーサイト

2008年10月30日 トラックバック(0) コメント(12)

髪の毛が薄くなってきた・・・(2)

男性型脱毛(だんせいがただつもう、若はげ、わかはげ)にまつわるウソ

関連記事:髪の毛が薄くなってきた(1)・・・本当に効果が証明されている治療法は?
男性型脱毛は、脱毛という名前がついていますが、いきなり毛が最初からどんどん抜けていくのではないのです。最初は毛が細くなって産毛(うぶげ、ウブゲ)のようになることから始まります。毛1本の太さが10%減ってもわかりませんが、頭の一部分の毛の分量が1割減ると結構目立つようになります。

皮膚の病気に限らず、ある病気について一般に言われていることが、まったくの?である・・・なんてことが良くあります。若はげは病気ではありませんが、やはり眉唾話が多いようです。

地肌(じはだ)が油ぽい(脂漏が多い:しろう・・・地肌のあぶらが多い)と若はげになる?
血のめぐりが悪いと若はげになる?
ストレスで若はげになる?
白髪の人は若はげにならない?

fujisan

続きを読む

2008年10月22日 トラックバック(0) コメント(0)

髪の毛が薄くなってきた・・・男性型脱毛(だんせいがただつもう)の治療

男性型脱毛(だんせいがただつもう、若はげ、わかはげ)の治療
病気ではありませんが、今回は男性型脱毛(わかはげ)の治療についてまとめてみます。

医学的に効果が証明されている治療法は以下です。

関連記事:
若ハゲに関する?な話
円形脱毛症のお話

sinkansen

続きを読む

2008年10月22日 トラックバック(0) コメント(2)

授乳中でも飲める薬(皮膚科関連)

妊娠中も出産後も、さまざまな皮膚のトラブルが起きます。

赤ちゃんに与える影響を考えてかゆみを我慢し続けるお母さんも多いと思います。短い間隔での授乳でさえ睡眠不足になるのに、これにかゆみが加わったら大変です。日本では、薬を飲まなければならなくなったときに、必要以上に授乳をとめることが多いそうです。

今回は、授乳中でも比較的安全に使用できるお薬について以下のサイトを元にまとめてみました(参考:国立医療生育センターのHP・・・授乳中に飲める薬が表になっています)

なお、妊娠や授乳とお薬との関係については、新しい情報(新しい薬、新しい副作用情報)が次々と出てきますので、本ブログを含めて、古い記事には注意が必要です。必ず主治医に確認してください。PA121527_convert_20081013175813.jpg
注意:授乳中に飲んでもまったく問題ありません・・・などと説明書に書いてある薬はひとつもありません・・・今回の記事をもとに勝手に薬を使用しないでください。しつこいですが、必ず主治医の指示に従ってください。

続きを読む

2008年10月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2008年4月からのアクセス統計

今年の4月からのアクセス統計

手の皮、指の皮がむける・・・がトップを続けている。でも、8月に書いたディフェリンゲルが新たに上位にくい込んだ。新しい記事が上位に入るとやはりうれしい。ミズイボ毒グモ尿膜管遺残ベセルナ、イミキモドも常連。個人的にはいまだに日高美奈(さんはメラノーマではない!)の記事を読んでくれて、コメントもいただけることがあって、とても嬉しい。

kesibouzu

続きを読む

2008年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)

すねの血管が腫れている。皮膚炎もある。

静脈弁がうまく働かずにおこった皮膚炎(うっ滞性皮膚炎)の診断と治療

静脈瘤・・・すねの血管が腫れて、シミや湿疹や潰瘍がある・・・の続き

続きを読む

2008年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

すね(膝:ひざから下)の湿疹やシミや皮膚のただれがちっとも治らなくて、皮膚の表面の静脈がブクブクふくれている。

・・・・静脈の逆流による皮膚炎・・・うっ滞性皮膚炎(うったいせいひふえん)

「血液の帰りが悪いみたいですね」・・・私
「血のめぐりが悪いんですかね」・・・患者さん
「血のめぐりはいいんですよ。かえりがチョット悪いかもしれませんね」・・・私

続きを読む

2008年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。